スポンサード リンク

子供を習字教室に通わせるにあたって

習い事にはたくさんの種類があります。自分からこれが習いたい、と言って習う子もいれば、親に言われて仕方なく習っている子もいるでしょう。また、子供の頃はいやいや通っていた習い事でも、大人になってみるともう1度やってみたくなり、自分から進んでまた始めた、などということもあるようです。大人になって習ってみると、その習い事のいろいろな魅力に気づくのかもしれませんね。

 

小さいころ、どんな習い事をしていましたか。そう聞かれて思い出すと、習字教室に通っていた人は意外と多いのではないでしょうか。少し前までは、近所の家で、おじいちゃん先生やおばあちゃん先生が教えてくれている習字教室などもたくさんありました。最近では、そういった習字教室はあまり見かけません。習い事も、様々なものが出てきています。以前から人気のあったようなそろばん教室、ピアノ教室などから始まり、英語教室、塾、絵画教室、空手や柔道の教室、ダンス教室、バレエ教室、ヴァイオリン教室など、バラエティに富んでいます。親が子供の習い事にかける金額も年々増えています。もちろん、子供が自分で習ってみたい、と思う教室に通っている子もたくさんいます。ですが不況の折にも、不況だからこそかもしれませんが、自分の子供にはいろいろな習い事をさせて、将来の役に立てて欲しい、と思う親が多いのかもしれません。

 

習字教室には、多くの利点があります。1番最初に浮かぶ利点は何でしょう。よく聞くのは、心が落ち着く、などでしょうか。習字教室によって違いますが、墨を擦って字を書く習字教室では、墨の匂いに心が落ち着き、みんな穏やかな気持ちで習字を習うことができているそうです。

 

習字教室には、様々な利点があります。一見地味に感じるこの習い事は、奥深いものなのかもしれませんね。子供の頃通っていたお父さんお母さんも、通っていなかったお父さんお母さんも、利点をよく考えてみると自分のお子さんにも習字を、と、また自分でも習字を習ってみようと思うかもしれません。